FC2ブログ

記事一覧

「幸田 玲のブログ」の記事を改稿しています。

「幸田 玲のブログ」の古い記事をピックアップして改稿しています。今年から「幸田 玲のブログ」の古い記事をピックアップして改稿した記事を、noteにも掲載するようになりました。ブログの古い記事を読み返してみると稚拙な文章に赤面することもありますが、当時の思いを振り返ることができて懐かしくなったりして、しばしの間、感慨にひたることがあります。※本文をクリックすると、幸田 玲・著書ページが開きます。いつもブ...

続きを読む

電子書籍:小説『リフォームストーリー: vol.1』無料キャンペーン・開催中です。

数日間の開催ですので、この機会に、お早めに無料ダウンロードをしていただければ幸いです。より多くの皆さまに読んで頂きたいと願っています。ダウンロードのご協力、ご支援、よろしくお願い致します。「1-Clickで今すぐ買う」ボタンを押していただきますと、「Kindle 価格:¥ 0」で購入することができます。 ※Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリをダウンロードすると、スマートフォン、タブレット、パソコンで Ki...

続きを読む

電子書籍『月曜日の夜に: 短編小説集』に、レビューが入りました。

読書メーターで、電子書籍『月曜日の夜に: 短編小説集』のレビューが入りました。無名であるがために作品が面白いかどうかの担保も測れず、それでも無数の小説の中から見つけて掬いだして頂いたことに、大変よろこびを感じています。レビューをいただき、ありがとうございました。この場をお借りして、御礼申し上げます。内容紹介・本書は『未来からの贈り物』短編小説集+『再会』の統合版です。・表題作『月曜日の夜に』を含む、...

続きを読む

『サガン・疾走する生』の読後感

フランス人作家、フランソワーズ・サガンのデビュー作『悲しみよこんにちわ』は、あまりにも有名です。もちろん、私も二十代に読んだ記憶があります。本書は、マリー=ドミニク・ルリエーヴル氏がサガンと親しく交流のあった人々に取材を試み、著名な作家「サガン」の人物像を描いた書籍です。翻訳家の永田千奈氏が翻訳を担当しています。書籍を通読すると、フランソワーズ・サガンの人物像が浮かび上がってくるほど、丁寧に描かれ...

続きを読む

電子書籍:小説『再会』無料キャンペーン・結果報告

お陰様で、皆さまのご支援によりキンドルストア・ロマンス部門で1位にランクインすることができました。ありがとうございました。内容紹介昨年母親を亡くした直樹に、高校の同窓会の案内が送られてきた。案内状に目を通しているうちに、かつて恋人だった陽子のことを思い出す。直樹は複雑な心境を抱きながらも陽子との再会に期待を抱き、ホテルで開催される同窓会に参加することにした。同窓会の終了後、陽子と再会を果たした直樹...

続きを読む

プロフィール

幸田 玲

Author:幸田 玲
幸田 玲のブログへようこそ!
インディーズ作家の幸田 玲です。自著小説の紹介・雑記などについて語りたいと思います。よろしくお願い致します。
お問い合わせは、ツイッターのDMでお願い致します。
https://twitter.com/bestplanning

スポンサード・リンク