記事一覧

12/30のツイートまとめ

bestplanning RT @kana4337: #digitaldrawing #originalcharacter #illustration #オリジナル #女の子 #男の子 #踏み切り #創作 https://t.co/9GemjrhAsl 12-30 23:42 RT @aotuki03: 煙突が意外に小さくて困惑中のうどんげ #東方クリスマス https://t.co/Jr9UtiSKDi 12-30 23:42 RT @mayutake2: 【定期】漫画[そよ風ファンタジア]メディバンhttps://t.co/wsyKnSVRycアルファポリスhttps://t.co/TDaycUgAuyマンガボックスインデ...

続きを読む

12/29のツイートまとめ

bestplanning 7⚡️ 「インディーズ作家: 幸田 玲」(作成者: @bestplanning)https://t.co/WB3gJqg8zG 12-29 23:54 6.小説『夏のかけら』は、Kindle Unlimited(kindle電子本読み放題)対象作品です。日々、作品を読んで頂ける皆様に感謝しています。#読んでほしい小説  #キンドル・アンリミテッド  #バリ島 #夏のかけら… https://t.co/xu1OXzcfTc 12-29 23:54 6.小説『未来からの贈り物』は、Kindle Unlimited(kindle電子...

続きを読む

鮮やかな転落劇

『嫌われ松子の一生』は山田宗樹氏の小説で、後に映画、テレビドラマ、舞台化された作品です。2003年発売当時から話題になり、私は小説も映画も観ています。映画では中谷美紀が主演を熱演して、コミカルな演技が話題を呼んだようです。ある事件で中学教師の職を追われた女性が、転落していく様を描いた作品です。「自業自得だからやむを得まい」と言えばそれまでですが、主人公が運命に翻弄されていく過程は、人生を切り取った...

続きを読む

12/28のツイートまとめ

bestplanning RT @MikekoShimamura: 『遥かな雲の切れ間に』(R15)https://t.co/xFvEZA8x3H #narou「――あなたはもっと、自分のために生きてもいいのではないですか?」捕虜となった指揮官と冷徹な混血の尋問官――雪に埋もれた収容所を舞… 12-28 23:52 RT @SusurroDeJULIo: 今日は、人生初のジョギング一時間越えが出来て、1人泣いておりました。以前は格好だけつけて、2kmが関の山だったのに(⌒-⌒; )減量が良かったのかな。出来な...

続きを読む

12/27のツイートまとめ

bestplanning RT @comet_kamada: こんばんは!小学館に寄稿(執筆)♪男とはわがままなイキモノ!笑なんでだろ?可愛くないのに「キスしたくなる女の特徴」3つ https://t.co/zEY9LtW1Z0 @men_joyより#いいねした人全員フォロー #RTした人全員… 12-27 23:45 拙作が大御所の作品と隣り合わせになりました。 https://t.co/we5AFxbFYL 12-27 23:33 映画『第三の男』の脚本を手がけた小説家 https://t.co/nh9piOzpcw 12-27 23:33 ...

続きを読む

隣り合わせになった『夢十夜』

隣り合わせになった『夢十夜』まさか、夏目漱石著の『夢十夜』と隣り合わせになるとは、夢にも思いませんでした。光栄の極みです。『夢十夜』は、一九〇八年(明治四十一年)七月二十五日から八月五日まで『朝日新聞』で連載された夏目漱石著の小説です。現在(明治当時)を始め、神代・鎌倉・百年後と、十の不思議な夢の世界を綴っています。「こんな夢を見た」という書き出しから始まる、夏目漱石としては珍しい幻想文学のテイス...

続きを読む

旬の話題で売り捌き、消えてゆく小説とは違って

『赤毛のアン』と隣り合わせに並んだのを見たとき、中学生のころを思い出しました。当時、好意を抱いていた同級生が、放課後の教室で、数人の友達と輪になって『赤毛のアン』について熱心に語っているのを聴いた記憶があります。『赤毛のアン』は、カナダの作家L・M・モンゴメリが1908年に発表した長編小説です。特に児童を対象に書かれた作品ではないようですが、児童文学と認識されているようです。モンゴメリーが『赤毛のアン』...

続きを読む

映画『第三の男』の脚本を手がけた小説家

グレアム・グリーンは、1904年生まれのイギリスの小説家で、主な受賞歴は、アメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞です。代表作は、『スタンブール特急』(1932年)、『第三の男』(1950年)、『ハバナの男』(1958年)などがあります。『第三の男』の映画は観ていませんが、題名だけは知っていました。その他にも、著作の大半は映画化、またはテレビドラマ化されており、死後も次々と映画化されているそうです。氏はオックスフォード大学...

続きを読む

拙作が大御所の作品と隣り合わせになりました。

キンドルストアのおすすめ順位で、トラベルミステリーの大御所である西村京太郎氏の著作と隣り合わせに表示されて驚きました。西村氏の著作は一冊しか既読したことはありませんが、著名な小説家であることは周知の事実です。西村 京太郎氏はトラベルミステリーの第一人者で、十津川警部の生みの親として知られています。私が既読したのは、十津川警部シリーズの一冊でした。膨大な作品を描き、単行本の累計発行部数は2億部を超える...

続きを読む

『未来からの贈り物』が、ピクシブ百科事典に掲載されました。

『未来からの贈り物』が、ピクシブ百科事典に掲載されました。ボブカットの髪形の女性に関心があり、登場する女性のイメージ像の髪形はボブカットが多く、また、ボブカットの髪形の女性に魅かれるのは、若くして逝った母の影響があるのだろうと思います。母は、ボブカットの髪形がとてもよく似合う女性でした。どこかで、母の面影を追い求める心情が、物語を創作する上で芽生えているのかもしれません。新刊・小説『未来からの贈り...

続きを読む

プロフィール

幸田 玲

Author:幸田 玲
幸田 玲のブログへようこそ!
インディーズ作家の幸田 玲です。オリジナル小説の紹介・電子書籍・雑記などについて、語りたいと思います。よろしくお願い致します。

フリーエリア