記事一覧

『夏のかけら』を出版してから、ご縁のあった作品-Ⅲ

『夏のかけら』を出版してから、ご縁のあった作品-Ⅲ

10・29小説

ご縁があったのかどうかわかりませんが、辻村深月氏の『東京會舘とわたし(下)新館』の小説と隣り合わせに並びました。
辻村深月氏は直木賞受賞作家であり、二年ごとぐらいに数々の賞を受賞されていて、候補にも挙がっている作家でもあります。
また、直木賞受賞作の『鍵のない夢を見る』は短編小説集であり、テレビドラマとして製作され放映されています。
いつの日か、『夏のかけら』が映画化されることを夢見ながら、執筆に精を出したいと思います。

クリックして頂ければ、キンドルストアのページに飛びます。→ 小説『夏のかけら』




にほんブログ村