記事一覧

鮮やかな転落劇

『嫌われ松子の一生』は山田宗樹氏の小説で、後に映画、テレビドラマ、舞台化された作品です。

12・29-嫌われ松子

2003年発売当時から話題になり、私は小説も映画も観ています。映画では中谷美紀が主演を熱演して、コミカルな演技が話題を呼んだようです。
ある事件で中学教師の職を追われた女性が、転落していく様を描いた作品です。
「自業自得だからやむを得まい」と言えばそれまでですが、主人公が運命に翻弄されていく過程は、人生を切り取った場面でシリアスとコミカルが強調されて描かれているように感じられました。また作品全体がシリアスだけ、コミカルだけでもなく、人の一生のそれぞれの断面が喜怒哀楽であるように描かれています。
ああ、そういえば、この記事を書きながら記憶を巡らせていると、映画を観てから原作の小説を読んだことを思い出しました。

クリックして頂ければ、キンドルストアのページに飛びます。→  小説 『未来からの贈り物』


にほんブログ村

プロフィール

幸田 玲

Author:幸田 玲
幸田 玲のブログへようこそ!
インディーズ作家の幸田 玲です。自著小説の紹介・雑記などについて語りたいと思います。よろしくお願い致します。

スポンサード・リンク


にほんブログ村
にほんブログ村 文章校正のお手伝いをします 読み手に伝わるような、簡潔な文章に修正いたします。 小説の推敲に役立つ講評をします 小説作品の評価、推敲に役立つ講評文をお渡しいたします。