記事一覧

小説「冬の蜃気楼」の所感

『冬の蜃気楼』 山田太一著
同世代の著者の小説も読みますが、読み切れないことが多々あります。
人物の描かれ方が希薄なように思え、人物造型に魅力が感じられず、最後まで読めないことが多いです。
先日、図書館に入って書架を眺めていると、目に留まったのは山田太一氏の本でした。
「飛ぶ夢をしばらく見ない」という題名の小説を読んだことがあるですが、ロマンチックな着想がおもしろく、よく憶えています。
別の小説になりますが「冬の蜃気楼」という題名の小説を借りました。1958年、東京郊外の映画の撮影所を舞台にした作品です。
著者の体験が色濃く滲んだような作品かもしれません。もちろん小説ですから虚構なわけですが、人物の造形に深みがあって面白みもあり、読みやすいですね。

冬の蜃気楼