記事一覧

KDP出版で、5400万円を売り上げた作家

アマゾンの自費出版サービス「Kindle ダイレクト・パブリッシング (KDP)」を2013年6月から活用して、年間45万ドル(約5400万円)を売り上げた作家がいます。その方はロンドン市在住のサスペンス作家、マーク・ドーソン氏です。代表作「暗殺者ジョン・ミルトン」シリーズは、2015年までに30万部の売り上げを誇っているといいます。

01・19-夏のかけら

彼は当初から自己出版でデビューしたわけではなく、処女作は通常の出版社から2000年に出しています。ですが、商業的には失敗作で終わりました。作家としては非常にまめな方で、一軒一軒書店を回り、目立つ場所に置いたりして販売の努力もされたようですが、効果はほとんどなかったそうです。
以後、出版からは遠ざかりました。皮肉なことに、この処女作(“The Art of Falling Apart”)は現在、Kindleレビューで高い評価を受けて売れているらしいのです。
「Amazonの良いところは、大手出版社も個人の著者も実績で同等に判断してくれるところです」と、マーク・ドーソン氏のニュース記事に書かれていて、私は思わず頷いてしまいました。
それは、私も実感しているからです。KDPの電子書籍を出版してから、おすすめ順位で著名作家の作品と私の著作が並ぶことが多々あるからです。そのことは、私に不思議な感覚をもたらしました。私の著作が著名作家の作品と等しく並ぶなんて、信じられなかったのです。
11月の売り上げ詳細を見ますと、フランス在住の日本人、あるいは日本語が理解できるフランス人の方が「夏のかけら」を既読されています。作品の全ページ数は176ページ。既読数も176ページになっていました。ですから「夏のかけら」を全ページ既読して頂いたことになります。KDP出版でなければ、海外で読まれることなど経験できないことだと思います。
海外の既読数は僅かなページ数ですが、作品を全ページに亘って読んで頂いたことで、自信につながりました。後は、どのような手法であれば、多くの方が作品に興味を抱いて認知して頂けるのか、その点が問題だと思うようになったのです。
これからも鍛錬を重ね、精進します。ご支援、よろしくお願いします。

※「マーク・ドーソン氏」に関心を抱いた方は、作家名で検索すると詳細なニュース記事が表示されますのでご覧下さい。

クリックして頂ければ、キンドルストアのページに飛びます。→ 小説『夏のかけら』

クリックして頂ければ、キンドルストアのページに飛びます。→ 小説『未来からの贈り物』




にほんブログ村


プロフィール

幸田 玲

Author:幸田 玲
幸田 玲のブログへようこそ!
インディーズ作家の幸田 玲です。自著小説の紹介・雑記などについて語りたいと思います。よろしくお願い致します。

スポンサード・リンク


にほんブログ村
にほんブログ村 文章校正のお手伝いをします 読み手に伝わるような、簡潔な文章に修正いたします。 小説の推敲に役立つ講評をします 小説作品の評価、推敲に役立つ講評文をお渡しいたします。