記事一覧

ネットで生まれるご縁

掌編小説『夏の終わり』という作品がありますが、ツイッターがご縁で、お知り合いになったx6xさんから、とても素敵なイラストをプレゼントして頂きました。ありがとうございます。作品を読んだイメージで、イラストを描いて頂きました。
ツイッターとの相性が良いのか、色々な方とご縁ができ、出会いがあります。 
クリックして頂くと、作品ページが開きます。→ 掌編小説『夏の終わり』
 
 掌編小説『夏の終わり』冒頭部引用

 最寄り駅の南側は、円形の噴水を囲う形のバスターミナルになっている。そのバス停付近の建物の一階に眼鏡店があった。
 歩道に面する、三メートル幅の窓ガラス越しに木目調のフローリングが見えて、店内の天井から、アイアンタイプのシックなシャンデリアが吊下がっていた。
 アンティークな雰囲気のある店で、夜になると、シャンデリアの煌々とした灯りの照り返しが窓ガラスを琥珀色に染めあげ、歩道を行き交う人の目をひととき奪うことがあった。
 六月初旬の日曜日の午後、僕はその眼鏡店に初めて入った。
 店の奥で、たまご型の眼鏡をかけた若い女の店員が立っている。ボブの髪型はあごの下できれいに切りそろえられていて、店員に似合っているように思えた。視線が合うと、店員は「いらっしゃいませ」と言って、笑顔を見せて会釈した。・・・続く

イラスト-1