FC2ブログ

記事一覧

小説『夏のかけら』が、ドイツ:Kindle ストアでTOP35にランクイン

電子書籍:小説『夏のかけら』が、ドイツ:Kindle ストアでTOP35にランクインしていました。

2018・11・08-「夏のかけら」ドイツ表紙

Bestseller in Japanischsprachige Liebesromane
Top 100 - Bezahlt
Nr. 35 in Kindle-Shop > eBooks > Fremdsprachige eBooks > Japanische eBooks > Liebesromane

ドイツ語:翻訳文

日本語のロマンス小説のベストセラー
トップ100 - 有料
Kindle のショップ 35位 > 電子ブック > 外国語電子ブック > 日本電子ブック > ロマンス

2018・11・01-「夏のかけら」ドイツ・ランキング35位
2018・11・01-「夏のかけら」ドイツ34位

電子書籍:小説『夏のかけら』が、イギリス・フランス、そしてドイツも続いてランキングTOP100にランクインしていることに、感謝の言葉もありません。



ドイツ出版事情で検索していて、「ドイツ書籍業界の今と未来・本は書店で買う 電子書籍は不人気 売上高はここ10年横ばい そして課題山積」という長いタイトルの記事に出会いました。

在独ジャーナリストがドイツ出版界のことを書かれていて、興味深い記事です。(但し、記事は2017年11月に発表されたものです。)

ただ、「電子書籍は不人気」と書かれているのには、少しショックでしたね。

執筆はシュピッツナーゲル典子氏で、在独ジャーナリストの方です。

今年のフランクフルト書籍見本市は10月11日から5日間開催された。この見本市をきっかけに、ドイツの書籍業界は今、どうなっているのかを探った。
折しも、連邦統計局による書籍業界の最新統計を入手した。ここからいくつかピックアップし、見本市の様子やドイツ書籍業界の今と未来を紹介したい。 要点は以下の通り。
1. フランクフルト書籍見本市2017
2. ドイツ書籍業界の実態
3. 電子書籍市場は停滞中 
4. 課題山積・欧州連盟との調整
5. 書籍業界の行く先は
それでは、各項詳細を抜き出してみたい。
出典: シュピッツナーゲル典子氏



いつもブログを読んで頂き、ありがとうございます。これからも、よろしくお願い致します。




プロフィール

幸田 玲

Author:幸田 玲
幸田 玲のブログへようこそ!
インディーズ作家の幸田 玲です。自著小説の紹介・雑記などについて語りたいと思います。よろしくお願い致します。
お問い合わせは、ツイッターのDMでお願い致します。
https://twitter.com/bestplanning

スポンサード・リンク