記事一覧

年配の知人に連れられディスコへ

年配の知人に連れられディスコへ

a0050_000210_m.jpg

80年代に流行ったというディスコのお店に、年配の知人に誘われ、社会勉強のつもりでお供することになった。
その店は繁華街の中にあった。数年前に新装オープンした店で、80年代に流行ったディスコの復刻版のような店だった。
休憩時間に入店したので、店内は薄暗くて静かなムード音楽が流れていた。しばらくざわめきを聞きながら飲んでいると、座っていた人たちが次から次へと立ち上がった。
そして吸い込まれるようにホールへ集まると、一転、その当時のディスコ音楽が流れだした。
天井の照明器具から放たれる眩しいほどの光が、辺りの闇を切り裂き、床を明るく照らした。そして強い光線は忙しなく点滅する。ホールの雰囲気が、がわりと変わった。集まった中高年の男女は、音楽に合わせて踊り始めた。
私は年代の違う人たちの輪に入ることが出来なかったので、壁際のソファベンチに座りながら、ビールを飲むことにした。そして、彼らの踊る姿態を飽きることなく眺めることになった。
なぜ、二年ほど前に行った店のことを思い出して、こんなことを書いたのか。それは今日、偶然のように観た、YouTubeの映像が切っ掛けだった。
人はなぜ、腕を振り、脚を躍らせ、胴体をくねらせ、楽しそうに踊るのか。それも愉快な表情を浮かべて。ときに、真剣なまなざしを宙に向けながら。




にほんブログ村