記事一覧

現政権の本音

現政権の本音日本国の国民主権・基本的人権・平和主義の原則を無くし、民主主義国家から、国粋主義国家のかたちに作り変えましょう、と主張しているように聞こえます。「自主憲法」の意味は、敗戦によって米国から押し付けられた憲法ではなく、日本国独自の憲法に変える必然性があるとの主張のようです。なぜ、敗戦後70年が経って、「民主主義国家」を変える必然性があるのか、わたしには理解できません。ただ、理解できたことは、...

続きを読む

マンガ『改憲に賛成しちゃった』 ロングヴァージョン

マンガ『改憲に賛成しちゃった』 ロングヴァージョン現政権に注目をしたのは、昨年の国会での安保法制強行採決を目の当たりにしてからでした。野党陣営の質疑にも、与党は十分な回答もせず、審議も尽くせず、強行に安保法制関連法律を成立させたことに対して、非常な危惧を抱きました。このまま、与党に政権を委ねることは、戦後の平和であった日本を、戦争のできる国に、好戦的な思考の雰囲気をつくる国に、かたちを変えていくこ...

続きを読む

総統閣下が参議院選挙で民進党にお怒りのようです

総統閣下が参議院選挙で民進党にお怒りのようです ひとつの映像を使用して、政治に関する事を、端的に物語っています。シリーズ化されているようで、人気が出ているようですね。...

続きを読む

王様をしばる法 ~憲法のはじまり~

『王様をしばる法 ~憲法のはじまり~ 』の引用文「自民党改憲草案の内容とその危険性を1人でも多くの人に知ってもらおう、と集まった若手弁護士の団体です。日本をはじめ、近代民主主義国家は立憲主義という考え方を採用した憲法があります。しかし、自民党の改憲草案では、この立憲主義という考え方が捨て去られてしまっています。それがどれだけおそろしいことか...それをわかりやすく説明するために作った、おとぎ話です。日...

続きを読む

3人の憲法学者、安保法制は憲法違反と断言

専守防衛のための個別的自衛権は許容されているのに、なぜ敢えて、集団的自衛権を施行しなければならないのか。また、外国の領土での駆け付け警護の問題もある。現在、南スーダンで自衛隊はPKOの活動中であるが、南スーダンには、豊富な油田がある。紛争地域は、いつも「油田」というキーワードに縛られている。集団的自衛権→ 集団的自衛権とは駆け付け警護→ 駆け付け警護とは...

続きを読む

プロフィール

幸田 玲

Author:幸田 玲
幸田 玲のブログへようこそ!
インディーズ作家の幸田 玲です。オリジナル小説の紹介・電子書籍・雑記などについて、語りたいと思います。よろしくお願い致します。

フリーエリア